1. HOME
  2. ブログ
  3. 令和元年度第二回生麦第二地区社協研修会(2020・02・23)

令和元年度第二回生麦第二地区社協研修会(2020・02・23)

本日は生麦第二地区社会福祉協議会による第2回研修会が当ケアプラザにて開催されました。

講師には第一回の研修会に引き続きジャーナリストの池上正樹氏にお越しいただきました。

 

講演テーマ1「ひきこもり当事者とその家族にどのようにかかわるか」

では過去の事例からひきこもり当事者とその家族について考える機会となる内容でした。

その後、グループディスカッションの場を持ち

 

テーマ1:”『地域でこんな人がいたらいいな』と思う人はどのような人か?”と掲げ

①自分がひきこもり当事者の場合

②ひきこもりの家族がいる場合

③知り合いや地域にひきこもりの方がいる場合

上記について検討しました。

 

その後

 

テーマ2:”地域であったら良いなと思う取り組みについて”

どのような取り組みがあると当事者・家族にとって良いか?

 

当事者・家族を受け止めることができるかと参加者で考えました。

ディスカッション終了後、池上先生より

 

講演テーマ2:「地域で行う支援について」

を通して講評と、引きこもりの方と関わる上で大切な視点をお話いただきました。

当事者の方への支援も大切になりますが、まずは家族支援が大切なることなどをお聞きしました。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事